ダイソーで手挽きコーヒーミルが500円だと!?そりゃ買いました。

ダイソー コーヒーミルアウトドア
ダイソー コーヒーミル
スポンサーリンク

そろそろ挽きたてのコーヒーが飲みたくてコーヒーミルを探していたところ、DAISOで手挽きのコーヒーミルが税別500円で販売されているという情報を聞きつけたのでダッシュでDAISOに見に行ったところ、本当に税別500円で販売されていました。

普段は100均の5袋入りのドリップタイプのコーヒーとインスタントコーヒーを飲んでいるのですが、時々豆で購入してフードミルで数日分まとめて挽いて冷蔵庫で保存して飲んでいると、やはり挽いて数日後には香りが弱くなってしまいます。

500円でコーヒーミルが入手できるのであれば、試してみる価値はありそうです。

購入場所、価格

HOME CATE

手挽きコーヒーミル

Coffee Mill

購入日 2020年3月

販売店 DAISO

メーカー (株)大創産業

価格 500円+消費税50円=550円

バーコード 4549892360060

500円コーヒー用品 No.1

500 Yen Coffee Supplies No.1

MADE IN CHINA

パッケージ

パッケージ

コーヒーミル パッケージ

コーヒーミル パッケージ

パッケージ裏

コーヒーミル パッケージ裏

コーヒーミル パッケージ裏

スポンサーリンク

レビュー

開封します。

持った感じはズッシリと重さがあって、作りもしっかりしています。

コーヒーミル 本体

コーヒーミル 本体

ハンドルは引っ込んでいて、本体の幅とほぼ同じになって収納されていました。

コーヒーミル 上1

コーヒーミル 上1

使用する時はハンドルを引き出して固定します。

コーヒーミル 上2

コーヒーミル 上2

横には粒度の目盛が付いていて、極細挽き~粗挽きまで5段階になっています。

三角マークを挽きたい粒度に合わせるようです。

目盛はレーザーマーキングのようなので、擦れて消えてしまう心配はないです。

コーヒーミル 横

コーヒーミル 横

蓋を外して豆を入れる部分を見てみます。

若干、豆は入れにくそうな作りです。

刃の部分は思ったより強度はありそうです。

コーヒーミル 中

コーヒーミル 中

刃の部分の裏側です。

コーヒーミル 中 裏

コーヒーミル 中 裏

蓋の透明な部分はプラスチック製です。

コーヒーミル 蓋

コーヒーミル 蓋

下の挽いたコーヒーが落ちてくる部分はガラス製です。

厚みのあるガラスですが、落として割ってしまうと終了です。

コーヒーミル 下

コーヒーミル 下

予算があれば、キャプテンスタッグ(パール金属)などの商品がガラスの割れる心配がないので、アウトドアには最適です。

粒度の目盛を極細挽きに合わせると、刃の部分が少しだけ飛び出て隙間ができます。

コーヒーミル 刃 極細挽き

コーヒーミル 刃 極細挽き

次に細挽きに合わせてみます。

極細挽きよりも更に少し飛び出してきて、隙間も大きくなっていきます。

コーヒーミル 刃 細挽き

コーヒーミル 刃 細挽き

中細挽き。

コーヒーミル 刃 中細挽き

コーヒーミル 刃 中細挽き

中挽き。

コーヒーミル 刃 中挽き

コーヒーミル 刃 中挽き

最後は粗挽きです。

かなり飛び出しています。

コーヒーミル 刃 粗挽き

コーヒーミル 刃 粗挽き

豆は100均ではないですが、業務スーパーのラグジュアリッチコーヒーです。

なんと、400gで税別368円(2020年3月現在)と激安です。

業務スーパーには他の種類もあったのですが、苦みとコクが多めのタイプとのことなのでチョイスしてみました。

コーヒーミル 豆

コーヒーミル ラグジュアリッチ

豆の表面には油のようなものが付いていて艶があります。

コーヒーミル ラグジュアリッチ 中身

コーヒーミル ラグジュアリッチ 中身

それでは挽いていきます。

まずは豆を入れるのですが、入れる部分が小さいので袋から直接入れると98%の確率で数粒はこぼれ落ちます。

豆の量も1~2杯分くらいしか入りません。

コーヒーミル 挽く

コーヒーミル 挽く

豆を入れたら蓋をしっかりロックします。

OPENが時計回りで、LOCKが反時計回りなので少し違和感があります。

コーヒーミル 蓋 ロック

コーヒーミル 蓋 ロック

ハンドルを外に引き出し、真ん中のネジを締めて固定します。

コーヒーミル ハンドル固定

コーヒーミル ハンドル固定

ダイヤルを極細挽きにして挽いてみます。

コーヒーミル ダイヤル 極細挽き

コーヒーミル ダイヤル 極細挽き

ハンドルを回す力は軽いのですが、1回で挽ける量はかなり少ないので、かなりの数を回さないといけません。

例えるならば、ギア付きの自転車の低速ギアのような感じです。

コーヒーミル 挽く 極細挽き1

コーヒーミル 挽く 極細挽き1

極細挽きの粒の大きさはこんな感じです。

コーヒーミル 挽く 極細挽き2

コーヒーミル 挽く 極細挽き2

途中でダイヤルを粗挽きに切り替えてみます。

コーヒーミル ダイヤル 粗挽き

コーヒーミル ダイヤル 粗挽き

大きい粒が粗挽きの粒です。

コーヒーミル 挽く 粗挽き

コーヒーミル 挽く 粗挽き

この量を挽くのに3分くらい回し続けました。

電動のフードミルだと3秒くらいの作業です。

ハンドルが短いので、重くはないですがなかなか疲れます。

コーヒーミル 挽き終わり

コーヒーミル 挽き終わり

コーヒードリッパーも新調しました。

アウトドアなどの持ち運びに便利な、ダイソー折りたたみコーヒードリッパー税別100円 バーコード4549131765984です。

コーヒーミル ドリッパー

コーヒーミル ドリッパー

バネのようになっていて、とてもコンパクトです。

コーヒーミル ドリッパー2

コーヒーミル ドリッパー2

広げるのに0.8秒ほど悩みましたが、引っかかっている部分を外すだけです。

深さが少し浅めです。

コーヒーミル ドリッパー3

コーヒーミル ドリッパー3

食器用洗剤で水洗いして、コーヒーカップに乗せます。

コーヒーミル ドリッパー4

コーヒーミル ドリッパー4

そこにダイソーコーヒーフィルター90枚入り税別100円 バーコード4549131383638を1枚セットします。

コーヒーミル ドリッパー5

コーヒーミル ドリッパー5

挽いたコーヒーを入れて、

コーヒーミル ドリッパー6

コーヒーミル ドリッパー6

お湯を注ぎます。

コーヒーミル ドリッパー7

コーヒーミル ドリッパー7

ドリップポットはパール金属のHB-2349を愛用しています。

近所のホームセンターの売り出しで1,000円で購入しました。

IHでも使えるので、少量のお湯を沸かすのであればティファールより早いかもしれません。

粉を膨らますようにお湯を注ぎ、30秒ほどそのままにして豆を蒸らします。

コーヒーミル ドリッパー8

コーヒーミル ドリッパー8

蒸らし終わったら、中心に小さな円を描くように数回に分けてお湯を注いでいきます。

コーヒーミル ドリッパー9

コーヒーミル ドリッパー9

部屋中にコーヒーの良い香りが漂います。

コーヒーミル ドリッパー10

コーヒーミル ドリッパー10

完成。

コーヒーミル 完成

コーヒーミル 完成

スポンサーリンク

まとめ

電動のフードミルだと3秒くらいで終わる作業に3分くらいかかってしまいますが、アウトドアなど電源の無い場所で使うには良いかもしれません。しかし、ガラス部分があるのでキャンプなどの時の持ち運びには十分注意が必要です。

その時には、フィルターと一緒に折りたたみコーヒードリッパーも忘れずに。

初めてコーヒーミルを購入したのですが、入門用としては良かったと思います。豆から挽いてコーヒー1杯が出来るまで10分近くかかってしまいますが、その分早起きして朝一の楽しみになりそうです。

おすすめ度5.0 小さな水筒くらいの大きさなので、キャンプに持っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました