お年賀のタオルに入れる名刺はダイソーの名刺カードがピッタリ。

お年賀タオル仕事
お年賀タオル
スポンサーリンク

新年のご挨拶のタオルを最近は名刺を入れるタイプにしたのですが、名刺の残りの数が足りないことに前日に気が付いて、急遽近くのダイソーで名刺カードを購入してレーザープリンターで印刷してみたら、普通に使えそうなので来年からもこれにします。

購入場所、価格

購入日 2020年1月

販売店 DAISO

メーカー (株)大創産業

価格 100円+消費税10円=110円

バーコード 4549131480252

パソコン用紙 No.136

Personal Computer Paper No.136

MADE IN JAPAN

パッケージ

パッケージ

パッケージ

パッケージ

パッケージ裏側

パッケージ裏側

パッケージ裏側

パッケージの材質

袋:プラ PP

台紙:紙

スポンサーリンク

中身

中身はミシン目入の用紙が10枚入っています。

中身全体

中身全体

1枚アップにしたところ。

1枚拡大

1枚拡大

パッケージ裏より

大きさは210㎜×279㎜(8.3in×11.7in)

紙厚は0.18㎜(0.007in)

レビュー

お年賀のタオルは今回このタオルを使用します。

お年賀タオル1

お年賀タオル1

名入れタオルを注文しなくても、名刺を入れるポケットがあるので、そこに名刺を入れれば良いだけなので楽です。

名刺を入れるところ。

名刺を入れる部分

名刺を入れる部分

名刺カードの大きさは普通のA4サイズです。

ミシン目は縦横共に完全に端までは入っていないので、うまく抜けば中身だけ切り抜くことができます。

ミシン目アップ

ミシン目アップ

ちょっと見えにくいですが、裏側は穴が完全に貫通していないような部分が多少あります。(写真の横ライン)

ミシン目裏アップ

ミシン目裏アップ

いつも使う名刺は、新しい資格を取得したりした時に作り直すので、基本的には自分で作っています。しかし、ミシン目入りの用紙はギザギザのカット面が嫌なので、クリアカットの用紙を普段は使用しています。

その用紙とカット寸法が同じ、上から11㎜の左から14㎜で名刺1枚が横91㎜×縦55㎜の10面シートなので、データはそのまま使うことができます。

昔から使っている名刺のデータなので、最近使い始めたInkscapeではなく、Illustratorで作ってあるものを使用します。

会社名と個人名が入っているので、このサイトのデータで作り直します。

名刺デザイン

名刺デザイン

10面レイアウト。

名刺レイアウト

名刺レイアウト

上と下で寸法が違うので注意しながらプリントします。

若干、11㎜以上ありますが誤差の範囲です。

ミシン目位置寸法上

ミシン目位置寸法上

下のミシン目寸法。

上と下で1㎜くらい違います。

ミシン目位置寸法下

ミシン目位置寸法下

インクジェットも対応していますが、レーザープリンターで印刷します。

プリントアウト

プリントアウト

印刷したらカットします。

まず、両端の縦のミシン目を数回折り曲げてカットします。

数回折り曲げてカット

数回折り曲げてカット

両端は少しミシン目が入っていないので、枠自体は完全に切り離されません。

少し残った部分

少し残った部分

このまま上下の横を切り離せば、中身だけ切り抜くことができるのですが、上下の横が折りにくかったので、縁をそのままち引きちぎりました。

そして、真ん中も切り離し、縦の列2枚にカットしました。

縦の列

縦の列

それを1枚ずつ切り離し、バラバラにします。

1枚ずつ切り離し

1枚ずつ切り離し

10枚の名刺ができました。

10枚

10枚

レーザープリンターなので、滲みもなく印刷屋さんで印刷したものに近いものが完成しました。

完成

完成

しかし、紙質も薄くて腰がちょっと弱くギザギザがやはり目立つので、名刺として使用するのは微妙かもしれません。

ギザギザ部分アップ

ギザギザ部分アップ

それでも、お年賀のタオルに入れるには全く問題なさそうです。

お年賀タオル

お年賀タオル

スポンサーリンク

まとめ

仕事の名刺としては、鋸の刃のようなギザギザがあって微妙ですが、お年賀のタオルに入れる用途で使用するにはレーザープリンターも使えて便利です。

10面が10枚で100円(税別)なので、コストパフォーマンスもとても良いです。

おすすめ度5.0 とりあえず、廃番にならなければ良いが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました