シルクとダイソーの防水スプレーは、どちらが良いのか徹底検証。

シルク ダイソー 防水スプレー生活用品
シルク ダイソー 防水スプレー
スポンサーリンク

梅雨に靴や傘などに吹き付けて使用する防水スプレーですが、今は100均でも普通に販売されています。

今回はシルクの防水スプレーとダイソーの防水スプレーを購入してきたので実際に靴に吹き付けて実験してみます。

どちらの商品がより水を弾くのでしょうか?

シルクの防水スプレーは、セリアで販売されている防水スプレーと同じ商品のようです。

本当はダイソーのドライバリア365という商品が欲しかったのですが、近所のダイソーには売っていませんでした。

購入場所、価格

ダイソー 防水スプレー

防水スプレー

Waterproof Spray

購入日 2020年6月

販売店 DAISO

メーカー (株)大創産業

DAISO INDUSTRIES CO.,LTD.

価格 100円+消費税10円=110円

バーコード 4940921824711

防水グッズ No.2

Waterproof Products No.2

MADE IN CHINA

シルク 防水スプレー

防水スプレー フッ素

Waterproof Spray

購入日 2020年6月

販売店 シルク

発売元 株式会社モリトク

価格 100円+消費税10円=110円

バーコード 4964549032983

MSP-78 フッ素防水スプレー 70ml

MADE IN CHINA

外観

ダイソー 防水スプレー

外観

シルク ダイソー 防水スプレー ダイソー外観

シルク ダイソー 防水スプレー ダイソー外観

シルク 防水スプレー

外観

シルク ダイソー 防水スプレー シルク外観

シルク ダイソー 防水スプレー シルク外観

スポンサーリンク

レビュー

スプレー缶の大きさですが、直径はほとんど同じでシルクの防水スプレーの方が長さが少し長いです。

容量は両方共70mlで同じ容量です。

シルク ダイソー 防水スプレー

シルク ダイソー 防水スプレー

ダイソーの防水スプレーの注意書きによると、

使えるもの:傘、靴、衣類、スキー用品などのドライクリーニングできる布地

使えないもの:天然皮革、合皮、人造皮革、毛皮、絹製品、和服などの変色のおそれのある物

となっています。

シルク ダイソー 防水スプレー ダイソー注意書き

シルク ダイソー 防水スプレー ダイソー注意書き

シルクの防水スプレーの注意書きによると、

用途:傘、衣類、靴、スキーウェア他(ドライクリーニングできる布地)

使えない物:本革、合皮、毛皮、絹、和服、一部のゴム他(変色のおそれのあるもの)

となっています。

どちらの商品も、本革や合皮や絹や和服には使用できないので注意してください。

シルク ダイソー 防水スプレー シルク注意書き

シルク ダイソー 防水スプレー シルク注意書き

ダイソーの防水スプレーの成分ですが、シリコン樹脂、ベンジン、LPGとなっています。

シルク ダイソー 防水スプレー ダイソー成分

シルク ダイソー 防水スプレー ダイソー成分

シルクの防水スプレーの成分ですが、石油系溶剤、フッ素樹脂となっています。

水を弾く成分としては、ダイソーの防水スプレーがシリコン樹脂で、シルクの防水スプレーがフッ素樹脂です。

どちらもガスがLPGなので、火気と高温に注意が必要です。

シルク ダイソー 防水スプレー シルク成分

シルク ダイソー 防水スプレー シルク成分

どちらも吸い込んでしまうと危険なので、必ず屋外で使用してください。

シルク ダイソー 防水スプレー シルク注意書き2

シルク ダイソー 防水スプレー シルク注意書き2

靴に試す前に、まずはペーパータオルで実験してみます。

ペーパータオルの片面にダイソーの防水スプレーを吹き付けます。

説明書きに従って、30㎝くらい離してスプレーします。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験1

シルク ダイソー 防水スプレー 実験1

吹き付けが完了です。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験2

シルク ダイソー 防水スプレー 実験2

間違えないように付箋で目印と付けようと思ったら、防水が効いているのか付箋がくっ付きません。

これは期待が持てます。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験3

シルク ダイソー 防水スプレー 実験3

適当に両面をガムテープで止めておきました。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験4

シルク ダイソー 防水スプレー 実験4

同じようにもう片面にシルクの防水スプレーを吹き付けます。

シルクの防水スプレーの使用方法によると、20㎝くらい離してスプレーしてくださいとのこと。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験5

シルク ダイソー 防水スプレー 実験5

今度は付箋を防水スプレーの吹いていない、裏側の面から貼り付けました。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験6

シルク ダイソー 防水スプレー 実験6

時間の都合上、ドライヤーで乾燥させました。

中心から左側がシルクの防水スプレーで、右側がダイソーの防水スプレーになっています。

両方共、乾いた状態の見た目はあまり変化がありません。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験7

シルク ダイソー 防水スプレー 実験7

シルクの防水スプレー側に霧吹きで水を吹き付けてみます。

裏に浸透することなく、ちゃんと水を弾いています。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験8

シルク ダイソー 防水スプレー 実験8

次にダイソーの防水スプレー側に水を吹き付けてみます。

水を弾いてはいますが、裏側に浸透してしまっています。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験9

シルク ダイソー 防水スプレー 実験9

しばらく置いてみましたが、左側のシルクの防水スプレーを吹いた方は裏側に染み込んでいませんが、右側のダイソーの防水スプレーを吹いた方はかなり裏側に水が染み込んでいます。

水弾き具合はどちらとも同じように見えますが、フッ素樹脂のシルクの防水スプレーの方が水を浸透させにくいようです。

この実験ではシルクの防水スプレーの勝ち。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験10

シルク ダイソー 防水スプレー 実験10

次に靴にスプレーしてみます。

布の靴がこれしかなかったので、この汚いスニーカーで実験です。

分かりやすいように、左足にはシルクの防水スプレーを吹くので付箋でシを貼り、右足にはダイソーのダの付箋を貼っておきます。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験11

シルク ダイソー 防水スプレー 実験11

勿論、靴紐はダイソーの結ばない靴紐です。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験12

シルク ダイソー 防水スプレー 実験12

両方共スプレーした直後は、毛羽立っている部分が白くなりました。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験13

シルク ダイソー 防水スプレー 実験13

特に乾燥時間の記載はなかったので、そのまま一晩置いて乾燥させました。

乾燥すると白い色は無くなりました。

靴自体の変色も見られません。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験14

シルク ダイソー 防水スプレー 実験14

まずはダイソーの防水スプレー側に水を吹き付けます。

思ったより普通に水を弾いてくれました。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験15

シルク ダイソー 防水スプレー 実験15

次にシルクの防水スプレー側に水を吹き付けます。

やはり普通に水を弾きますが、ダイソーの防水スプレーは弾かれた水がその場に留まるのに対し、シルクの防水スプレーは弾かれた水が転がっていって一ヶ所に集まっていきます。

シルクの防水スプレーの方が撥水効果が高いように見えます。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験16

シルク ダイソー 防水スプレー 実験16

左がダイソーの防水スプレーで、右がシルクの防水スプレーです。

どちらも水を弾いていますが、ダイソーの防水スプレーは弾かれた水滴が移動していません。

この実験でもシルクの防水スプレーの勝ちです。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験17

シルク ダイソー 防水スプレー 実験17

水を払ってみましたが、ダイソーとシルク共に水が少し染み込んでいました。

こちらはダイソーの防水スプレー側で、

シルク ダイソー 防水スプレー 実験18

シルク ダイソー 防水スプレー 実験18

こちらがシルクの防水スプレー側です。

写真ではほぼ判断できませんが、水が少し染み込んでいます。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験19

シルク ダイソー 防水スプレー 実験19

その状態でもう一度水を吹き付けてみます。

両方共、かなり撥水効果が薄れています。

水を弾いてはいますが、かなり染み込んでいます。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験20

シルク ダイソー 防水スプレー 実験20

こちらがダイソーの防水スプレー側です。

あまり水を弾いていないです。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験21

シルク ダイソー 防水スプレー 実験21

シルクの防水スプレー側ですが、同じく染み込んでいる量の方が多いように見えます。

最後の実験は両者引き分け。

シルク ダイソー 防水スプレー 実験22

シルク ダイソー 防水スプレー 実験22

ダイソーで売っているという、超強力と噂のドライバリア365を探しに行かないと。

created by Rinker
NANO4LIFE
¥4,500(2020/11/01 07:39:26時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

100均の防水スプレーでも水を弾くことは弾きます。

シルクとダイソーの防水スプレーで比べると、撥水性能と防水性能共にシルクの防水スプレーが良さそうです。

ダイソーはシリコン樹脂で、シルクはフッ素樹脂なので、やはりフッ素樹脂の方が水を弾くのでしょうか?

しかし、一度水が掛かった後にもう一度水が掛かると、どちらも同じくらい効果が薄れてしまうので気を付けてください。

ダイソーとシルクのどちらかを買うのであれば、当然シルクの防水スプレーをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました