小物撮影にピッタリのLED付き撮影BOXがミーツで税込み440円。

ミーツ LED付き撮影BOX 撮影1アクセサリー
ミーツ LED付き撮影BOX 撮影1
スポンサーリンク

フリマやオークションに商品を出品している方や、SNSなどに写真をアップしている方は既に撮影BOXを使用しているとは思いますが、アクセサリーなどの小物類にピッタリの大きさのLED20灯付きの撮影BOXが、ミーツで税込み440円で販売されています。

折りたためばコンパクトに収納できるので、使用しない時の片付け場所にも困りません。

購入場所、価格

LED付き 撮影BOX LED20灯

購入日 2020年10月

販売店 ミーツ

企画・輸入元 株式会社シーシージャパン

価格 税込み440円

バーコード 4560369414789

24019

MADE IN CHINA

パッケージ

パッケージ

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ

パッケージ裏側

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ裏側

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ裏側

スポンサーリンク

レビュー

価格は税込み表記で440円となっています。

もしも、税率が変わったらパッケージを作り直すのかな?

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ アップ1

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ アップ1

本体の大きさは、幅約22㎝×奥行き約24㎝×高さ約24㎝と、それほど大きくはないので小物類の撮影用です。

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ アップ2

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ アップ2

材質はボックス本体がPP(ポリプロピレン)で、留具が鉄、背景マットが白黒共にEVA製になっています。

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ アップ3

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ アップ3

中身を見ていきます。

撮影ボックスは折りたたまれた状態で入っていて、背景のEVAシートが巻かれています。

USBのケーブルも付属していました。

USBのACアダプターなどは付属していないので、家に転がっているUSBのACアダプターやモバイルバッテリーを別途用意してください。

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ 中身

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ 中身

付属のUSBケーブルは94㎝と、短くはないですがUSBのACアダプターを使う場合は延長コードは必要になりそうです。

やはり、モバイルバッテリーが一番手っ取り早いかな。

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ USB1

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ USB1

撮影BOX本体のLEDに差し込む側はMicro USBになっています。

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ USB2

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ USB2

USB ACアダプターやモバイルバッテリーに差し込む側は、一般的なUSB Type-Aです。

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ USB3

ミーツ LED付き撮影BOX パッケージ USB3

背景はEVA樹脂製の白色と黒色の2種類入っていて、撮影するものによって使い分けることができます。

ミーツ LED付き撮影BOX 背景1

ミーツ LED付き撮影BOX 背景1

白色、黒色共に厚みは1㎜くらいでしょうか。

クッション材のようなEVA樹脂製なので、アクセサリーなどでも傷が付きにくくなっています。

ミーツ LED付き撮影BOX 背景2

ミーツ LED付き撮影BOX 背景2

本体は折りたたんであるのでコンパクトです。

PP(ポリプロピレン)製なので、硬さがありながらもしなりがあるので、強度的には問題なさそうです。

PP(ポリプロピレン)は、よくクリアファイルなどで見かける素材です。

ミーツ LED付き撮影BOX 本体1

ミーツ LED付き撮影BOX 本体1

実際にセットしてみます。

まずは折りたたまれている本体を展開するのですが、ガッツリ差し込んであるのでどこから引き出すのか36秒くらい悩みました。マジで。

ミーツ LED付き撮影BOX 本体2

ミーツ LED付き撮影BOX 本体2

側面の部分を両側引っ張り出します。

ミーツ LED付き撮影BOX 本体3

ミーツ LED付き撮影BOX 本体3

すると、上面と裏面と底面が展開できます。

ミーツ LED付き撮影BOX 本体4

ミーツ LED付き撮影BOX 本体4

LEDは20灯でチップ抵抗も同じ数だけありました。

LED1灯に1個のチップ抵抗のようです。

チップ抵抗の表記は680なので、68Ωということになります。

ミーツ LED付き撮影BOX LED1

ミーツ LED付き撮影BOX LED1

LEDを点灯させてみましたが、この撮影ボックスを照らすには十分な明るさはありそうです。

LEDを直視すると眩しいくらいです。

ミーツ LED付き撮影BOX LED2

ミーツ LED付き撮影BOX LED2

とりあえず手元に余っていたFire TV StickのUSBアダプターを使ってみました。

ミーツ LED付き撮影BOX LED3

ミーツ LED付き撮影BOX LED3

Fire TV StickのUSBアダプターは出力電流が1Aですが、他の2AのUSBアダプターを使っても明るさは同じのように見えるので、1Aあれば大丈夫かと思います。

特に消費電流の記載はないですが、USBハブ等で複数のUSBポートを使用された場合、供給電力が落ち点灯しない場合があります。とのことです。

500mAは試していません。

ミーツ LED付き撮影BOX LED4

ミーツ LED付き撮影BOX LED4

撮影ボックスのLEDにはスイッチなどはないので、スイッチ付きUSBコネクター(100円)のようなのを購入しておくと便利かもしれません。

ミーツ LED付き撮影BOX LED5

ミーツ LED付き撮影BOX LED5

撮影ボックスを組み立てていきます。

その前に、側面になる所の留具を通す穴が完全に切り抜けていないので取り外します。

軽く押せば取れます。

左右2ヶ所あるので、両方共取り外します。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立1

ミーツ LED付き撮影BOX 組立1

その穴を留具のオスとメスの間に通します。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立2

ミーツ LED付き撮影BOX 組立2

穴のある部分を留具のオスとメスの間に挟んだまま、留具をパチンと止めます。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立3

ミーツ LED付き撮影BOX 組立3

ボックスの左右両方共同じように留具を止めれば組立完了。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立4

ミーツ LED付き撮影BOX 組立4

LEDの付いている部分は角度調整ができるようになっています。

LEDのチップがむき出しなので、反射して写り込む場合はここで調整します。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立5

ミーツ LED付き撮影BOX 組立5

背景のEVAシートをセットしてみましょう。

黒色も白色も同じように穴が2ヶ所開いています。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立6

ミーツ LED付き撮影BOX 組立6

本体の裏面に背景の穴に引っ掛けられる突起が切り込まれているので、2ヶ所共後ろから押し出します。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立7

ミーツ LED付き撮影BOX 組立7

あとはその突起に背景のEVAシートを引っ掛けるだけです。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立8

ミーツ LED付き撮影BOX 組立8

撮影ブースができました。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立9

ミーツ LED付き撮影BOX 組立9

こちらは背景白色バージョンです。

ミーツ LED付き撮影BOX 組立10

ミーツ LED付き撮影BOX 組立10

とりあえず撮影ボックスを使って、時計でも撮影してみます。

ミーツ LED付き撮影BOX 撮影1

ミーツ LED付き撮影BOX 撮影1

白色の背景での撮影です。

鏡面加工部分にLEDが見事に写り込んでしまいました。

それでも普通に撮影するのと違い、撮影BOXを使うとガラス面に天井の照明などが写り込まないで、影も出さずに撮影することができました。

ミーツ LED付き撮影BOX 撮影2

ミーツ LED付き撮影BOX 撮影2

次に黒色背景バージョン。

デジカメが10年以上前のもので、更に撮影技術も無いので、これくらいの写真しか撮影できませんでした…

ミーツ LED付き撮影BOX 撮影3

ミーツ LED付き撮影BOX 撮影3

本格的に始めるなら60㎝くらいは欲しいかも。

撮影の腕前は超初心者ですが、この時計はかなり気に入っています。

所持しているI.T.Aの時計はクオーツばかりですが、このCasanova CLASSIC(現在は販売されていません。)は自動巻きでシースルーバック(裏がスケルトンになっていること)なので、ずっと見ていても飽きません。

防水が50m(5気圧)なのでBREITLINGの300m防水のように無理はできませんが、仕事中は革ベルトの時計は汗ですぐに痛む為に使用できないので、休日専用で使っているので全く問題ないです。

値段もBREITLINGより1~2桁お安いですし。

ミーツ LED付き撮影BOX 撮影4

ミーツ LED付き撮影BOX 撮影4

次のI.T.Aのクオーツの狙いはこれかな。

カーボンを使用したクロノグラフが好みなので格好良いし、何よりバンドが元々シリコーンなのが良いね。

家にあるこのメーカーのバンドは汎用のバンドがそのまま加工無しでは合わないので、汗で傷んだ革バンドからシリコーンのバンドに交換してもらうのに町の時計屋さんがとても苦労していたし。

次のBREITLINGはこれかな。

あ…これはちょっと無理かも…1桁多いな…

created by Rinker
BREITLING(ブライトリング)
¥1,389,833(2020/10/30 00:09:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

アクセサリーから時計くらいまでの小物の撮影にはピッタリです。

LEDも20灯あるので明るさも全く問題ありませんし、影もあまり出さないで撮影できます。

素材もPP(ポリプロピレン)で強度と柔軟性もあるので、簡単に壊れてしまうこともなさそうです。

背景用のEVAシートに埃が付着しやすく、小物撮影はアップで撮影するので埃に注意しましょう。

Photoshopのスポット修復ブラシツールで毎回修正することになりますよ。(超楽だけど。)

created by Rinker
アドビシステムズ
¥26,160(2020/10/29 23:13:36時点 Amazon調べ-詳細)

オークションやフリマでアクセサリーを頻繁に出品している方は2個くらいは持っておいても良さそうです。白色背景と黒色背景をセットしておけば便利です。

おすすめ度5.0 今度はこの撮影BOXを撮影できるくらいのサイズの撮影BOXが欲しいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました