ダイソーの炎っぽいランタンのゆらゆら光でまったりしてみては如何?

ダイソー COB炎/白切替伸縮ランタンアウトドア
ダイソー COB炎/白切替伸縮ランタン
スポンサーリンク

DAISOの300円商品ですが、炎っぽい光と白色の光に切替できる伸縮式のランタンがあったので購入してみました。

白色は普通のLEDですが、炎っぽい光にするとオイルランタンやキャンドルの炎のようにゆらゆら揺れた光になって、とても癒されます。

メインの照明として使うには少々明るさが足りないかもしれませんが、炎っぽいモードは点灯時間が20時間なので、朝までテント内で点灯させておいても良いかもしれません。

しかも、火を使用しないのでチビッ子が騒いで落としたりしても安全です。

ダイソーには他にも単三乾電池3本で連続使用が約43~48時間の300円6SMDの伸縮ランタンや、同じく単三乾電池3本で駆動し、COBとLEDの切り替えができる200円2WAYハンディランタンなどがあります。

購入場所、価格

COB 炎 / 白切替伸縮ランタン

COB FLAME / WHITE SWITCHABLE EXPANDABLE LANTERN

購入日 2020年4月

販売店 DAISO

メーカー 株式会社 グリーンオーナメント

GREENORNAMENT Co.,LTD.

価格 300円+消費税30円=330円

バーコード4972822710268

NO.71026

MADE IN CHINA

パッケージ

パッケージ

COB炎/白切替伸縮ランタン パッケージ

COB炎/白切替伸縮ランタン パッケージ

パッケージ側面

COB炎/白切替伸縮ランタン パッケージ側面

COB炎/白切替伸縮ランタン パッケージ側面

スポンサーリンク

レビュー

メーカーはLED好きがやたらとそそる商品を出してくる、株式会社 グリーンオーナメントなので300円以上の価値がある事は間違いないと思います。

以前、中の色が確認できる窓がある事に気付かないで購入した商品があったので、今回はしっかり確認して黒色を選んできました。

黒色と緑色があったのですが、黒色を選択したのは緑色が若干安っぽく見えたからです。

COB炎/白切替伸縮ランタン 色

COB炎/白切替伸縮ランタン 色

本体は、よくホームセンターなどで1000円弱くらいで売られている商品のようなコンパクトなLEDランタンです。

COB炎/白切替伸縮ランタン 本体

COB炎/白切替伸縮ランタン 本体

持ち手を上にして吊るせるようになっています。

COB炎/白切替伸縮ランタン 持ち手

COB炎/白切替伸縮ランタン 持ち手

そのまま持ち手を引っ張って、上にスライドさせると自動的にスイッチが入るようになっています。

COB炎/白切替伸縮ランタン スライド

COB炎/白切替伸縮ランタン スライド

高さは約9.5㎝です。

COB炎/白切替伸縮ランタン 高さ

COB炎/白切替伸縮ランタン 高さ

直径は約7㎝でした。

COB炎/白切替伸縮ランタン 直径

COB炎/白切替伸縮ランタン 直径

底の部分が電池を入れる蓋になっていて、回して蓋を開けると電池を入れられます。

COB炎/白切替伸縮ランタン 蓋

COB炎/白切替伸縮ランタン 蓋

電池はAAA 1.5V×3本となっているので、単四乾電池が3本必要です。

COB炎/白切替伸縮ランタン 電池入れ

COB炎/白切替伸縮ランタン 電池入れ

単四乾電池は、いつものDAISOの5本で100円のハイパワー単四アルカリ乾電池を使います。

COB炎/白切替伸縮ランタン 単四乾電池×3

COB炎/白切替伸縮ランタン 単四乾電池×3

単四乾電池を入れたら持ち手を持って上に引き上げれば、スイッチが入って白色のLEDが点灯します。

暗くはないですが、メインの照明として使えるほどの明るさはなさそうです。

小さなテントではメインとして使えるかもしれませんが、テーブルなどに置いてサブ的な使い方になると思います。

COB炎/白切替伸縮ランタン 白色

COB炎/白切替伸縮ランタン 白色

下に戻して収納すれば自動的にOFFになります。

COB炎/白切替伸縮ランタン オフ

COB炎/白切替伸縮ランタン オフ

そして、もう一度引き出すと炎っぽいモードになります。

COB炎/白切替伸縮ランタン 炎1

ダイソー COB炎/白切替伸縮ランタン

ゆらゆら揺れているようにオレンジ色のLEDが点灯します。

COB炎/白切替伸縮ランタン 炎2

COB炎/白切替伸縮ランタン 炎2

明るさは、あまり明るくはありません。

COB炎/白切替伸縮ランタン 炎3

COB炎/白切替伸縮ランタン 炎3

また収納するとOFFになります。

COB炎/白切替伸縮ランタン オフ2

COB炎/白切替伸縮ランタン オフ2

中身が気になったので分解してみます。

※分解や改造することによってメーカーの保証などが無くなり、故障や火災の原因にもなりかねないので、真似をする場合は自己責任でお願いします。

電池を入れる部分にネジが4本あるので、それを外します。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解1

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解1

小さいネジなので無くさないようにしましょう。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解2

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解2

ネジを4本外すと電池を入れる部分自体が外れます。

そこにはスイッチが付いていて、収納時にスイッチが押されるようになっています。

押されている間がOFFになります。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解3

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解3

電池を入れる部分を外すと更に大き目のネジが出てくるので、それを外します。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解4

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解4

かなり長いネジになっていました。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解5

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解5

長いネジを外すと、大まかに5つのパーツ分かれます。

防水用のパッキンなどは無かったので、雨の日の屋外などの水のかかる場所での使用はやめたほうが良いでしょう。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解6

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解6

ここがメインとなるLED部分のユニットです。

LEDのチップなどが乗ったフレキシブル基盤が筒状に巻かれていました。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解7

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解7

シンプルな作りですが、思っていたより多くのLEDのチップが搭載されていました。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解8

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解8

数えてみると、オレンジ色のLEDのチップが28個と白色のLEDのチップが24個でした。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解9

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解9

他の部品を見ていきます。

電源のプラスとマイナスに繋がっているのは、チップコンデンサでしょうか。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解10

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解10

680と刻印されている部品は、68Ωのチップ抵抗かな。

それが6個あります。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解11

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解11

一番左側の部品は、ルーペで見るとY1と刻印されているようなので、調べてみるとSS8050というSOT23のNPN型トランジスターのようです。

間違っていたらすいません。

真ん中の14ピンのICが心臓部になるのですが、刻印などもないのでマイコンなのか専用に作られたICなのか詳細は不明です。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解12

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解12

写真だと大きく見えますが、何故か手元に同じくらいの大きさのTO236の2SC2712トランジスタがあったので1個出してみます。

1個だけ欲しかったのですが40個入りしか売ってなかったので、まだ39個余っているものです。

COB炎/白切替伸縮ランタン チップトランジスタ1

COB炎/白切替伸縮ランタン チップトランジスタ1

チップトランジスタは3㎜くらいの部品です。

COB炎/白切替伸縮ランタン チップトランジスタ2

COB炎/白切替伸縮ランタン チップトランジスタ2

分解した状態で電池を入れてみます。

分解してあって、収納されていると押されるスイッチが押されていないのでONの状態になります。

白色LEDは普通に全部点灯します。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解13

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解13

スイッチを1回押すと炎モードになって、ゆらゆら揺れているようにオレンジ色のLEDが一定のリズムで点灯します。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解14

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解14

下から上に行くような感じで点灯します。

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解15

COB炎/白切替伸縮ランタン 分解15

動画で見ると分かりやすいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

以前、友人と冬キャンプに行った時に、友人がオイルランタンを準備している間に面倒くさかったのでサクッ仕事用のコードレスランタンを出してあげて、8人用テントだったのですがそれで足りてしまい、友人は雰囲気ねーな―と呟きながらオイルランタンを片付けてたのを思い出しました。

心臓部分がワンチップでも、白色LED24個とオレンジ色LED28個の計52個のLEDがあって税別300円というのはお買い得だと思います。

炎モードではそれほど眩しくなく20時間も連続点灯するので(白色モードは5時間)、キャンプのテント内で何かあった時の為に夜通し点灯させておいても良いかもしれません。

非常用にも単四乾電池と一緒に1セット常備させておきます。

おすすめ度5.0 もう少し大きくなっても、単三乾電池仕様だったらもっと良かったかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました